シャンプーをする男性

薄毛のない世界

薄毛の人がいない時代になる

先発する男性

頭皮や毛髪に悩む人は男女共に多くなってきているそうです。薄毛になる人が急増したわけではなく、「薄毛治療に積極的に取り組む人が増えた」というのが正しい言い方です。以前なら薄毛になったら市販の育毛剤を使用するか、あるいは黒い粉をふりかけるか、かつらにするか、それとも完全に諦めるかしか選択がありませんでした。 しかし、今はAGA(男性型脱毛症)治療の研究が昔とは比べ物にならないくらい進んでいます。薄毛に効くという成分が次々と開発され、そして育毛クリニックなどでは幹細胞注入やグロースファクター再生療法、自毛植毛など最新技術を使った治療が行われています。 IPS細胞を使った薄毛治療が実用化されれば、薄毛に悩む人間がいなくなると言われています。

セルフケアで気を付けること

自分で薄毛対策をしている人も沢山います。今は薄毛対策グッズが豊富に市販されているので、薄毛対策がしやすい時代です。 セルフで薄毛対策をする場合は自己責任になります。クリニックに行って治療を受けた過程で何か副作用が起きたりしたら、医師が責任を持って治療をしてくれます。しかし、セルフケアの場合はどんな商品でも基本的に自分の責任で使用する必要があります。 ネット通販を使ってプロペシアなどの医薬品を買う時も同じです。プロペシアの個人輸入サイトは沢山ありますが、本物なのかどうか分からない危険性もあります。また、本物だったとしてもプロペシアには副作用のリスクがあるため、必ず医療機関から入手することをお勧めします。